事前準備として良い業者探しと見積書の取得

建設現場

鉄筋コンクリートで作られている大規模なマンションでも、築年数が数十年経過してくると、外壁や外部の共用通路などのいろいろな個所に不具合が発生してきます。多くの住民が生活しているマンションの共用部分については、管理組合が住民を代表して劣化や損傷などの不具合に対しての修繕を実施することが必要となります。建物の規模にもよってきますが、マンション大規模修繕工事はかなり大掛かりな工事となってしまうことが多いので、施工業者の選定には注意が必要となります。東京には多くのマンション大規模修繕工事を実施している会社があるので、準備段階として、相談して見積書を出してもらうと良いでしょう。工事会社の選定は、管理組合として行うことが必要となるので、総会で同意を貰うことが必要となるので、見積書は複数の会社から取得することが必要です。見積書を出してくれる会社を探す方法としては、管理委託をしている管理会社を通じて良い業者を紹介してもらう方法や近隣のマンション工事を実施している会社に問い合わせる方法などがあります。また、最近は多くの企業がウェブサイトを開設しているので、直接ウェブサイトの問い合わせフォームを使って大規模修繕工事についての相談を持ち掛けるのも良いでしょう。実際に工事の申し込みをする段階になると、正式に請負契約書を取り交わすことになりますが、金額がかなり大きなものとなるので、契約書の内容などをしっかりと確認することが大切になります。

マンション外部の工事全般に対応

建設現場

マンション大規模修繕工事は、専用部分の所有者が生活を続けた状態で工事を実施することが必要となるので、新築工事とは違った配慮が求められることになります。工事を依頼するのであれば、出来るだけ実績が豊富でノウハウがしっかりとしている会社の方が、工事中に起こる問題にもすぐに対処してもらえるでしょう。東京ではマンションの戸数もかなり多いこともあって、実績が豊富な施工会社もたくさん見つけることができるので、良い会社も探しやすいです。マンション大規模修繕を実施している会社は、外壁の補修工事や屋上面の防水補修、アプローチの外構部分の改修など幅広い工事サービスを実施しています。管理組合が適宜見直しを実施している長期修繕計画に基づいて、必要な工事を発注することになりますが、コストが安くなるような工事計画のアドバイスをもらうことも出来るでしょう。実績が豊富な会社の場合、選定する工法も効率的なものを選択しているので、無駄のない工事を行ってもらえます。

マンション

広告募集中