HOME>イチオシ情報>特徴やそれぞれの種類を理解しておくと良い

耐用年数が長くなる

塗装作業

札幌市内には、様々な外壁塗装業者があります。外壁の塗装をする場合には、自分で行うよりも業者に依頼した方がより確実にそしてきれいに塗装してくれます。一般的に外壁塗装する場合には、見た目きれいにすることが1番の目的になりますが実はそれ以外にもいくつかの特徴があります。最大の特徴としては、住宅の耐用年数を長くすることです。通常は、塗料を塗ることにより10年から15年程度はその住宅の外壁はバリアされている状態になりますので、外からの雨風で住宅自体が劣化するような事はまずありません。しかしながら、10年ないしは15年程度そのままの状態で放置しておくといつの間にか外壁がひび割れてその間から水が入ってしまうこともあるでしょう。ひび割れが発生すると壁の中にカビが生えるだけでなく、シロアリ等が発生する可能性も否定できません。そうなる前の段階で手を打つことが重要になります。

塗料の種類を知る

男性作業員

札幌で外壁塗装する場合には、どのような種類の塗料を使うかを気にしておきたいところです。塗料の中でも比較的人気があるものの1つがシリコン型塗料と言われるものです。この塗料が人気の理由は、耐用年数が長くその割には費用があまりかからないものです。太陽年数はおよそ13年で1平方メートルあたりの費用は2500円ほどになります。もし、その塗料にしようか迷っている場合には、シリコン型塗料を利用するのが良いでしょう。大抵の場合壁塗装会社ではシリコン型塗料を用意しています。これに対して、より長期間外壁塗装をしないで済ませるためには光触媒塗料等を利用すると良いです。これは、耐用年数は20年ほどになり1平方メートルあたり費用は4000円程度ですが汚れが付きにくいのが特徴です。

広告募集中